えっちゃん日記

ちょっと変わった人生

ガンバ大阪vs川崎フロンターレ 後半のプレビュー?!試合を見て思ったこと!宇佐美!!

スポンサーリンク

 

f:id:frokun:20220307085136j:plain

frokun.hatenablog.com

後半

 

後半開始から少しの時間は五分五分の戦い。

立ち上がりはシンプルに大事にということで両チーム固く試合に入った。

 

ガンバに悲劇。後半12分宇佐美負傷交代。

アキレス腱、、、長期離脱になるか、、、

 

ここで両チーム選手交代。

川崎は流れをもってきたい。

 

4-4-2で守っていたガンバに変化。

パトリックを最前線に置き、山本をトップ下へ。

こうすることで橘田をマンマークで見ることにした。

前半は倉田を橘田に着け同数で回していた。

 

こうなれば川崎は後ろでボールを持つことができる。

すなわち攻撃の時間が増え、テンポを作りやすくなる。

 

家長、小塚も入り流れが川崎に向いていく。

 

なかなか守備がうまくいかなくなったガンバ。

どうしたか。

後ろを5枚にして5-3-2に変更。

1-0で勝っているため中央を固め後ろを重たくした。

カウンターでパト山見二人で攻撃する。

 

ボールを持つフロンターレ、なかなかゴールまで行くことができていなかったが

セットプレーの流れから。小塚から宮城で同点。

宮城はファーストプレー?

 

追い付いた川崎だがその直後

小野瀬のスーパーゴール。

宮城が少し当たってゴールへ吸い込まれていく。

これで2-1すぐガンバが勝ちこす。

 

残り15分ほど、

守るガンバ攻めるフロンターレ

 

5-4-1で守る。4-3-3で攻める。

 

ガンバの守備が良い。

最後の最後まで身体を投げ出し得点機会を与えない。

 

こうなった場合フロンターレが得点を奪うには

①ダミアン悠へロングボール、クロスボールを上げまくる。

②左右にボールを動かし相手の陣形を崩す。

この試合は②を選択しとことんボールをつなぎ相手を動かす。

点を奪うことができなかったということはまだまだ足りなかった。

ポケットにもぐることを増やせばもっとチャンスは増えた。

 

 

 

ラストの同点弾はさすが小林。

スポンサーリンク

 

 

frokun.hatenablog.com

frokun.hatenablog.com