えっちゃん日記

ちょっと変わった人生

ガンバ大阪vs川崎フロンターレ 前半のプレビュー?!試合を見直して思ったこと!プレスのかけ方、ビルドアップの立ち位置。

ガンバ大阪vs川崎フロンターレ

f:id:frokun:20220306224651j:plain

※フロログ

スポンサーリンク

 

前半

4-3-3の川崎のビルドアップにガンバは4-1-3-2で合致するようにハイプレッシャーをかける。倉田が橘田にマンマーク

川崎はこのプレスを回避できたときに良い攻撃が始まる。

一ついい形があった。左、佐々木チャナ遠野が縦に三枚並んで相手のマークから離れる。(27分あたり)チャナに齊藤がついてくれば中のスペースが空く。

チャナ遠野の関係性はなかなかよさそう。

 

ガンバの攻撃は4-4-2のパトリックにシンプルに送る。宇佐美、小野瀬の個人技、山本の攻撃センスで素早く攻める。

 

川崎のプレスはウィングが相手のセンターバックまでかける。

だが倉田のポジショニングが良いためなかなかうまくいかない。

 

ガンバ 宇佐美がボランチの位置まで降りることで川崎はなかなかプレスがかけれない。そうなればずるずる下がってしまい失点のリスクが高まる。

小野瀬山本も内側に入り黒川高尾が高い位置をとることができる。

 

ガンバはパトが競り勝てるためロングボール多めでも時間が作れる、

ロングボールはカウンターのリスクが低く少ない枚数でも攻撃できるためコスパが良い。

ただ競り負けたり攻撃が単調になるため安易に蹴り続けることは良くない。

 

川崎 4-4-2で守備をしてくるガンバ、橘田をセンターバックの間に降りさせてビルドアップをすればもっとゆっくりボールを持てそう。

左サイドがよかっただけに脇坂が少し消えてた?もっとボールに触りに来てもいい気がする。

 

ガンバ得点シーン

宇佐美がおりてボールを受ける。おりられたら川崎は守備に行けずずるずる下がる。

そして外からクロスをあげ、こぼれ球を決めきる。山本うまいなぁ

宇佐美を止めないと。川崎でいえば家長だね。

 

宇佐美は2トップの一角だけどパトが最前線で張ってるからバランスは崩れない。

小野瀬も山本も内側に入ってきて距離感も良いし、齊藤も高い位置が取れる。

 

チャナ上手い。

f:id:frokun:20220306224456j:plain

チャナティップ

frokun.hatenablog.com

スポンサーリンク